燃油サーチャージ(付加運賃)と空港諸税のご案内

燃油サーチャージについて

燃油サーチャージとは、燃油に関連する原価水準の異常な変動に対処するために、一定の期間、一定の条件下に限って航空各社が国土交通省航空局に申請し認可を受ける、航空券料金には含まれない付加的な運賃であり、金額は利用航空会社、利用区間によって異なり、利用する旅行者全てに課せられます。


●「燃油サーチャージを含む」と記載されている場合
燃油サーチャージは旅行代金に含まれている、または燃油サーチャージ徴収の対象とならない商品です。
「燃油サーチャージを含む」商品の場合、ご出発前にご利用の航空会社において燃油サーチャージの新設・増額が認可された場合においても、その増額分をご参加の皆様から収受することはありません。
また廃止・減額された場合においても、その差額分については一切の払い戻しをいたしません。
なお、航空法の定めに拠らない運輸機関の課する、燃油に関する追加料金が別途かかる場合があります。
●「燃油サーチャージ」に実額が記載されている場合
燃油サーチャージは旅行代金に含まれておりません。
旅行代金とあわせて、表示されている燃油サーチャージの金額をお支払いいただきます。
表示されている燃油サーチャージ金額は、本日付の目安額となります。
変更が生じた場合はご旅行出発の25日前を目安に、取り扱い店舗から別途ご案内申し上げます。
航空会社未定コースお申込のお客様につきましては、航空会社確定後変更になる場合がございます。
なお、ご出発前にご利用の航空会社において燃油サーチャージの新設・増額が認可された場合は
航空会社に代わりご参加の皆様から追加で収受させていただきます。あらかじめご了承ください。
また廃止・減額された場合はすでにお支払いただいた額との差額をご返金いたします。

空港諸税等について

  • ●渡航先の国々(または地域)によっては、その国の法律などにより渡航者個人に対して空港税等(出入国税、空港施設使用料、税関審査料など)の支払いが義務付けられています。
  • ●旅行代金には空港税等は含まれておりません。空港税等のうち、航空券発券時に徴収する事を義務付けられているもの、また日本の各空港施設使用料については、お申し込みの販売箇所に旅行代金と合わせて日本円でお支払いください。また、他に現地にて現地通貨でお支払いいただく空港税等もあります。
  • ●複数の国や都市を訪問する旅程では、空港税等はその都度必要となります。また、同じ旅程であっても国内外で使用する航空機便の経由する空港や国や都市の巡り方によってその合計額が異なることがあります。
  • ●日本円換算額は、ご出発の35日前に確定させていただき、換算レートは、水〜土曜日発は5週間前の月曜日午前中の終値、日〜火曜日発は6週間前の月曜日午前中の終値(いずれも三菱東京UFJ銀行売渡レート)によります。それ以降の為替変動による追加徴収、返金は致しません。なお、エアホにおいては換算方法が異なり、水〜土曜日にご予約の場合は直近の月曜日午前中の終値、日〜火曜日にご予約の場合は1週間前の月曜日午前中の終値(いずれも三菱東京UFJ銀行売渡レート)によります。
  • ●空港諸税の新設または税額が変更された場合、徴収額が変更になる場合があります。
  • ●各コースでは、おとなお1人様分をご案内しております。

※ルックJTB以外の商品をお申し込みのお客様は、お申込のツアー詳細にて燃油サーチャージ及び空港諸税に関するご案内をご確認ください。


国内旅行・海外旅行の予約はJTB